“さかい”ってどんなとこ?

境町は、利根川と江戸川の分岐点に位置することから、利根川随一の河岸のまちとして栄えてきました。その後、明治22年の自治制施行時の境町、長田村、猿島村、森戸村、静村の1町4ヵ村が合併し、現在の「境町」が誕生しました。近年になると、境大橋周辺に「道の駅さかい」や大規模商業施設が立地するとともに、リバーサイド修景事業による歴史・文化の水辺整備や、ふれあいの里が整備されるなど、地域の特性を生かした各種のまちづくりが進められてきました。また、首都圏中央連絡自動車道や国道354号バイパスおよび主要地域道結城野田線バイパスの都市計画決定や、筑西幹線道路の計画、JR東北本線南古河駅設置の検討など、利便性向上をめざす広域ネットワークの確立に向けての環境整備が進められようとしています。

境町を詳しくみる

“さかい”の魅力

  • マイホームの住宅ローン・店頭金利からマイナス1.6%
  • 固定資産税・建物代は3年間ゼロ!
  • 子育て新婚世代が住宅を取得住宅を取得・奨励金50万円交付
  • 住民税(町・県民税)・うち町民税分を4年間一部助成

さかいじゅうナビ 茨城県境町移住・定住促進ホームページ

スキップボタン
スマートフォン用ページで見る