子育て・健康・福祉

  1. ホーム>
  2. 子育て・健康・福祉>
  3. 子育て>
  4. 定期の予防接種について

定期の予防接種について

定期の予防接種  A類疾病

 予防接種は、協力医療機関での個別接種となります。

境町では、標準的な接種期間前に予診票を個別通知しています。

転入された方、予診票を紛失された方は母子手帳を持参のうえ、健康推進室(保健センター)窓口までお越しください。

ヒブ・小児用肺炎球菌ワクチン接種
種類接種対象年齢接種年齢接種回数接種間隔
ヒブ 生後2ヶ月から60ヶ月に至るまでの間 (標準的な接種は生後2ヶ月から7ヶ月に至るまでの間に開始) 生後2から7ヶ月に至るまでに開始の場合 初回3回 (0.5ml) 初回:27日から56日までの間隔をおいて3回接種 (生後12ヶ月までに完了)
追加1回 (0.5ml) 初回3回終了後、7から13ヶ月までの間隔をおいて1回接種
生後7から12ヶ月に至るまでに開始の場合 初回2回 (0.5ml) 初回:27日から56日までの間隔をおいて2回接種 (生後12ヶ月までに完了)
追加1回 (0.5ml) 初回2回終了後、7から13ヶ月までの間隔をおいて1回接種
生後12から60ヶ月に至るまでに開始の場合 1回 (0.5ml)  
小児用肺炎球菌 生後2ヶ月から60ヶ月に至るまでの間 (標準的な接種は生後2ヶ月から7ヶ月に至るまでの間に開始) 生後2から7ヶ月に至るまでに開始の場合 初回3回 (0.5ml) 初回:27日以上の間隔をおいて3回接種
追加1回(0.5ml) 初回3回終了後、60日以上おいて1回接種 (生後12から15ヶ月の間に接種)
生後7から12ヶ月に至るまでに開始の場合 初回2回 (0.5ml) 初回:27日以上の間隔をおいて2回接種
追加1回(0.5ml) 初回2回終了後、60日以上おいて1回接種 (生後12ヶ月以降に接種)
生後12から24ヶ月に至るまでに開始の場合 2回 (0.5ml) 60日以上の間隔で2回接種
生後24から60ヶ月に至るまでに開始の場合 1回 (0.5ml)  
四種混合(DPT-IPV)・不活化ポリオ(IPV)・二種混合(DT)ワクチン接種

種類

接種対象年齢

標準的な接種期間

回数

接種間隔

ジフテリア・百日咳・破傷風・不活化ポリオ(DPT-IPV) 又は 不活化ポリオ(IPV) 1期 生後3ヶ月から90ヶ月に至るまでの間 1期初回 生後3ヶ月から12ヶ月に達するまでの期間 3回 (0.5ml) 1期初回:20日から56日までの間隔をおいて3回接種
1期追加 初回接種(3回)終了後12ヶ月から18ヶ月に達するまでの期間 1回 (0.5ml) 1期追加:1期初回接種(3回)終了後12ヶ月に達した時から18ヶ月に達するまでの期間
ジフテリア・破傷風(DT) 2期 11歳以上13歳未満 2期 11歳から12歳に達するまでの期間 1回 (0.1ml)  
BCGワクチン接種

種類

接種対象年齢

標準的な接種期間

回数

接種間隔

BCG

生後1歳に至るまでの間

生後5ヶ月から8ヶ月に達するまでの期間

1回

 
日本脳炎ワクチン接種

種類

接種対象年齢

標準的な接種期間

回数

接種間隔

日本脳炎 1期 生後6ヶ月から90ヶ月に至るまでの間 1期初回 3歳から4歳に達するまでの期間 2回 (3歳以上0.5ml) (3歳未満0.25ml) 1期初回:6日から28日までの間隔をおいて2回接種
1期追加 4歳から5歳に達するまでの期間 1回 (3歳以上0.5ml) (3歳未満0.25ml) 1期追加:1期初回終了後おおむね1年(11ヶ月から13ヶ月)後に1回接種
2期 9歳以上13歳未満 2期 9歳から10歳に達するまでの期間 1回 (0.5ml)  

※  積極的勧奨の差し控えにより、接種機会を逃した方で、平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれの方は、20歳未満まで1期と2期(2期は1期接種が完了した9歳以上の方から)の接種が可能です。

麻しん風しん混合・麻しん・風しんワクチン接種

種類

接種対象年齢

回数

注意事項

麻しん風しん混合(MR) 又は 麻しんワクチン(M) 又は 風しんワクチン(R)  1期:生後12ヶ月から24ヶ月に至るまでの間 1回 (0.5ml) 定期としての接種期間が1年間のみのため、期間内の接種を逃さないよう注意! 対象年齢を迎えたら、早めに接種の予定を立ててください!
2期:5歳以上7歳未満で、小学校就学の始期に達する日の1年前の日から当該始期に達する日の前日までの間 1回 (0.5ml)

 

【水痘】※平成26年10月1日より定期接種
種類接種対象年齢標準的な接種期間回数注意事項
水痘 生後12ヶ月から36ヶ月に至るまでの間 初回接種 生後12ヶ月から15ヶ月に至るまでの期間 追加接種 初回接種終了後6ヶ月から12ヶ月に至るまでの間隔をおいて 2回 (0.5ml)
  • 1回目の接種から3か月以上の間隔をおけば、追加接種は可能
  • すでに水痘に罹患した方は対象外
  • 任意接種としてすでに水痘ワクチンの接種を受けたことがある方は、すでに接種した回数分の接種を受けたものとみなす(経過措置対象者含む)
経過措置対象者(H26年度のみ) 生後36ヶ月から60ヶ月に至るまでの間にある者 1回 (0.5ml)
子宮頸がんワクチン接種
種類接種対象年齢標準的な接種期間回数ワクチンの種類接種間隔
子宮頸がん 小6から高1相当の女子 中1の間 3回 (0.5ml) サーバリックス (2価) 2回目:1回目の接種から1ヶ月 3回目:1回目の接種から6か月
3回 (0.5ml) ガーダシル (4価) 2回目:1回目の接種から2ヶ月 3回目:1回目の接種から6か月

※ 子宮頸がんワクチン接種は現在、積極的勧奨を差し控えしています。定期接種としての位置づけは変わりありません。接種を希望される方は、健康推進課までご相談ください。

【B型肝炎ワクチン】平成28年10月1日より定期予防接種
種類

標準的な接種期間

 回数 実施期間 接種間隔と対象年齢
B型肝炎

1回目・2回目

生後2か月から生後9ヶ月に至るまで

2回

(0.25ml)

通年 1回目と2回目の間隔は27日以上開ける

3回目

 

1回

(0.25ml)

通年

1回目接種終了後から139日以上の間隔を

おいて出生後から1歳の誕生日に至るまでの期間

※ ラテックス過敏症、又はラテックスと公叉反応のある果物(バナナ・栗・キウイフルーツ・アボガド・メロン)等にアレルギーがある場合は医師にご相談ください。

※ 出生後に抗HBs人免疫グロブリンを投与された方は接種対象外となります。

※ 任意接種として既にB型肝炎ワクチンの接種を受けたことがある方は、既に接種した回数分の接種を受けたものとみなします。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康推進室です。

保健センター 〒306-0434 茨城県猿島郡境町大字上小橋540

電話番号:0280-87-8000

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

境町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2017年5月29日
  • 印刷する
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る