1. ホーム>
  2. 企業立地ガイド>
  3. 事業用地のご案内>
  4. 圏央道境古河IC周辺開発

圏央道境古河IC周辺開発

圏央道IC周辺に新しい産業用地の開発を計画しています

境町には現在4つの工業団地が整備されており、平坦な地勢と東京都心まで50キロメートル圏内という立地条件の良さなどが評価され、多様な業種の企業が立地しています。

平成27年3月の圏央道境古河IC開通により、東京都心へのアクセスも格段に向上しました。平成29年2月には茨城県内の圏央道が全線開通したことにより、常磐道や成田空港への移動時間も大幅に短縮されました。

現在、町では重要な広域都市基盤となる圏央道開通のインパクトを活かし、活力ある安定したまちづくりのため、圏央道IC周辺に新たな産業用地の開発を計画しています。

開発予定地

『開発予定地区』の画像

位置図

『開発予定地区位置図2』の画像

圏央道境古河IC周辺に、開発計画地として「境古河IC周辺地区」と「猿山・蛇池地区」の2箇所を選定し、事業化に向けた手続きを進めています。

事業計画の詳細や進捗状況などは専用ページ及び「事業用地のご案内」にてご確認ください。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは企業立地推進室です。

役場2階 〒306-0495 茨城県猿島郡境町391番地1

電話番号:0280-81-1304

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

境町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2016年10月31日
  • 印刷する
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る