暮らし

  1. ホーム>
  2. 暮らし>
  3. 暮らしのお知らせ>
  4. 海外渡航に関する感染症予防

海外渡航に関する感染症予防

海外渡航に関する感染症予防について

海外へ渡航されるみなさまへ

海外滞在中に感染症にかかることなく、安全で快適に旅行し、帰国することができるように、海外で注意すべき感染症及びその予防対策をお知らせします。

海外での感染症予防のポイント

・海外で感染症にかからないようにするために、感染症に対する正しい知識予防に関する方法を身につけましょう。

・渡航先や渡航先での行動によって異なりますが、最も感染の可能性が高いのは食べ物や水を介した「消化器系の感染症です。

・日本で発生していない、動物や蚊・マダニなどが媒介する病気が海外では流行していることがあり、注意が必要です。

・世界保健機構(WHO)が排除又は根絶を目指している麻しん(はしか)については、平成27年3月27日付けで日本が排除状態あると認定されましたが、その後も海外で感染した患者を契機とした国内での感染の拡大事例が散見されています。

海外渡航者の麻しんについての注意

1.麻しんにかかったことが明らかでない場合、渡航前には、麻しんの予防接種歴を母子健康
 手帳などで確認し(※)、2回接種していない場合は予防接種を検討してください。
 ※麻しんの既往歴や予防接種歴が不明の場合は抗体検査を検討してください。

2.帰国後には、2週間程度は麻しん発生の可能性も考慮して健康状態に注意してください。

海外で注意しなければいけない感染症一覧【PDF】

※詳しい内容については厚生労働省ホームページで確認してください。

※参考資料  厚労省報道発表資料

・ 厚生労働省 ゴールデンウィークにおける海外での感染予防について

・ 厚生労働省  渡航者向けの麻しんの予防啓発活動に「マジンガーZ」を起用

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康推進室です。

保健センター 〒306-0434 茨城県猿島郡境町大字上小橋540

電話番号:0280-87-8000

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

境町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2018年4月28日
  • 印刷する
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る