いざというときに

  1. ホーム>
  2. いざというときに>
  3. 全国初!指定緊急避難場所「水害避難タワー」について

全国初!指定緊急避難場所「水害避難タワー」について

経 緯

 当町は、利根川の堤防決壊等の大規模水害が発生した場合、町の約90%が浸水域にあります。また、平成27年9月の関東・東北豪雨災害時は、50年に1度と言われる災害に見舞われ、特に役場周辺の町の人口密集地が孤立化したことを教訓として、水害時、防災の拠点となる役場庁舎西側に、逃げ遅れ等緊急時の一時的な避難場所として、全国初の水害避難タワーを建設しました。

 

施設概要

 このタワーは、約200人が収容でき、役場本庁舎3階部分と連接することにより、最大約1,000人を収容できる施設となります。

 今回の水害避難タワーの建設により、利根川決壊時の最大浸水深(役場庁舎で約7.15m)にも耐えうる施設で、逃げ遅れの課題を解決するとともに、2階部分に水没しない備蓄倉庫を設置し、予備電源タワーを併設することにより、避難者の安全と安心が確保されることになります。

 

注意事項

 このタワーは、「あくまで逃げ遅れた場合等の緊急な場合の一時避難場所」であり、本来の避難先、一定期間の滞在を目的とする避難所施設ではありません。

 気象・河川情報に注意し、水害の危険性がある場合は、防災行政無線、防災アプリ等により役場からの避難に関するお知らせに基づき、早めの避難をお願いします。

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは防災安全課です。

役場2階 〒306-0495 茨城県猿島郡境町391番地1

電話番号:0280-81-1307

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

境町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2018年11月13日
  • 印刷する
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る