いざというときに

家庭の防火

火事・救急の通報

119番通報のポイント(火災の場合)

  • 場所  住所、世帯主名、目標物を慌てず正確に
  • 燃えているもの  家、建物、枯草、車両など
  • 現在の状況  どこから出火しているか(台所、二階など)
  • 怪我人や避難の状況  怪我人はいるか、逃げ遅れた人はいないか
  • あなたの氏名・電話番号

119番通報のポイント(救急の場合)

原因は

交通事故のとき

場所と状況  住所、目標物を慌てず正確に

  • 車内に閉じこめられていないか
  • 怪我人は何名いるのか(性別、何歳位か)
  • どこを怪我しているのか
  • どのような事故なのか(乗用車とトラックの衝突など)
急病などのとき

場所と病状  住所、世帯主名、目標物を慌てず正確に

  • 病人か怪我人か(どのようにして怪我をしたのか)
  • どのような状態か(意識はあるのか、痛がっているところは)
  • かかりつけの病院、病名など(年齢、性別)

※通報するときは、なるべく固定電話(家の電話や公衆電話)で!

万一火災になったら

  • どんな小さな火事でも”早く知らせる”ことが大切です。
  • 消火する場合は、落ち着いて素早く行動し、燃えているものをよく見極めて消火して下さい。
  • 老人や幼児を先に避難させ、忘れ物などにかまわず避難して下さい。

消火器はありますか?

  • 万一のために一般家庭にも消火器を設置しましょう。
  • 消火器を買うときには、国家検定の合格マークと製造年月日を確認してからお求め下さい。
  • 「いざ」というときのためにも、使い方を覚えておくことが必要です。

住宅用火災警報器を設置しましょう

消防法及び市町村条例により、全ての住宅に火災警報器等の設置が義務づけられました。

「茨城西南地方広域市町村圏事務組合消防本部火災予防条例」により次のとおり設置が義務づけられています。

  • 新規住宅:平成18年6月1日から
  • 既存住宅:平成23年5月31日まで

住宅用火災警報機について

火の用心7つのポイント

  1. 寝タバコやタバコの投げ捨てをしない
  2. 子どもにマッチやライターで遊ばせない
  3. 風の強い日は、焚き火をしない
  4. 天ぷらを揚げるときは、その場を離れない
  5. 家の周りに燃えやすいものを置かない
  6. 電気器具は正しく使い、タコ足配線はしない
  7. ストーブには燃えやすいものを近づけない

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは防災安全課です。

役場2階 〒306-0495 茨城県猿島郡境町391番地1

電話番号:0280-81-1307

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

境町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?