いざというときに

弾道ミサイルが落下する可能性のある場合の行動について

弾道ミサイルが仮に日本に飛来する場合は、極めて短時間で飛来することが予想され、政府は24時間いつでも全国瞬時警報システム(Jアラート)を使用し、緊急伝達を実施します。Jアラートを使用しますと、市町村の防災行政無線が自動的に起動し、屋外スピーカー等から警報が流れる他、携帯電話等にエリアメール、緊急速報メールが配信されます。

Jアラートによる情報伝達では、

  1. 弾道ミサイルが「飛来する可能性がある。」と判断された場合は、弾道ミサイルが発射された旨の情報を伝達し、避難を呼びかけます。(近くの頑丈な建物に避難して下さい等)
  2. 日本の領土等に落下する可能性がある場合は、その旨の情報を伝達し、続報として直ちに避難を呼びかけます。(直ちに頑丈な建物、物陰に見を隠す、地面に伏せ頭部を守って下さい等)
  3. 日本の領土等に落下が推定された場合は、その旨の情報を伝達し、落下場所等についてお知らせします。(続報を伝達しますので、引き続き屋内避難)

詳細は、下記関連書類ダウンロードよりご確認ください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは防災安全課です。

役場2階 〒306-0495 茨城県猿島郡境町391番地1

電話番号:0280-81-1307

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

境町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?