子育て・健康・福祉

  1. ホーム>
  2. 子育て・健康・福祉>
  3. 福祉・介護・障がい>
  4. 介護>
  5. 介護保険に係る税控除について

介護保険に係る税控除について

介護保険料、介護保険サービスにかかる費用の一部、要介護認定に係る判定書類により、確定申告する際に所得税・住民税の控除として所得から差し引くことができます。

 

介護保険料の社会保険料控除

当年中にお納めいただいた介護保険料は確定申告の際に社会保険料控除の対象となります。

また、配偶者やその他の親族の負担すべき介護保険料を支払った場合(普通徴収の場合のみ)も社会保険料控除の対象となることがあります。

確定申告の際に必要な書類

〇普通徴収(納付書支払い・口座振替)の方・・・介護保険料の領収書

〇特別徴収(年金から天引き)の方・・・日本年金機構または年金共済組合から送られる源泉徴収票

 

介護保険サービスに係る費用における医療費控除

通院や入院などで支払った医療費(本人や被保険者)のほか、一部の介護保険サービスに係る費用について、医療費控除の対象になります。

※ただし、高額介護サービス費等の支給を受けた場合は、差し引いた金額が控除対象となります。

医療費控除の対象 サービス種別
医療費控除の対象となる居宅サービス等

(介護予防)訪問看護

(介護予防)訪問リハビリテーション

(介護予防)居宅療養管理指導【医師等による管理・指導】

(介護予防)通所リハビリテーション【医療機関でのデイサービス】

(介護予防)短期入所療養介護【ショートステイ】

定期巡回・随時対応型訪問介護看護

(一体型事業所で訪問看護を利用する場合に限ります。)

複合型サービス(上記の居宅サービスを含む組合せにより提供されるもの(生活援助中心型の訪問介護の部分を除きます。)に限ります。)

居宅サービス等と併せて利用する場合のみ医療費控除の対象となる居宅サービス等

訪問介護(生活援助(調理、洗濯、掃除等の家事の援助)中心型を除きます。)

夜間対応型訪問介護 

介護予防訪問介護(※平成30年3月末まで)

(介護予防)訪問入浴介護

通所介護  

介護予防通所介護(※平成30年3月末まで)

地域密着型通所介護(※平成28年4月1日より)

(介護予防)認知症対応型通所介護

(介護予防)小規模多機能型居宅介護

(介護予防)短期入所生活介護定期巡回・随時対応型訪問介護看護(一体型事業所で訪問看護を利用しない場合及び連携型事業所に限ります。)

複合型サービス(上記の居宅サービスを含まない組合せにより提供されるもの(生活援助中心型の訪問介護の部分を除きます。)に限ります。)    

総合事業の訪問型サービス(生活援助中心のサービスを除きます。)

総合事業の通所型サービス(生活援助中心のサービスを除きます。)

医療費控除の対象外となる居宅サービス等

訪問介護(生活援助中心型)

(介護予防)認知症対応型共同生活介護【認知症高齢者グループホーム】

(地域密着型)(介護予防)特定施設入居者生活介護【有料老人ホーム等】

(介護予防)福祉用具貸与

複合型サービス(生活援助中心型の訪問介護の部分) 

総合事業の訪問型サービス(生活援助中心のサービスに限る。)  

総合事業の通所型サービス(生活援助中心のサービスに限る。)

総合事業の生活支援サービス
医療費控除の対象となる施設サービス

(地域密着型)介護老人福祉施設【特別養護老人ホーム】

※利用者負担額、居住費及び食費の2分の1

介護(療養型)老人保健施設

介護療養型医療施設

※利用者負担額、居住費及び食費の全額

確定申告の際に必要な書類

〇医療費控除対象金額が記載された領収書

 

おむつにかかる費用の医療費控除

傷病によりおおむね6か月以上寝たきりで医師の治療を受けている場合、医師が作成する「おむつ使用証明書」を添えることにより、医療費控除の対象となります。

また、下記のすべての条件に該当する方は町が発行する証明書で医療費控除が申請できます。町からの証明書を発行をうけるには、介護福祉課の窓口にて申請して下さい。申請の際には印鑑が必要です。

・おむつにかかる費用について医療費控除を受けることが2年目以降であること

・要介護認定をうけていること

・要介護認定に係る主治医意見書に「寝たきり状態であること及び尿失禁があること」*¹が記載されていること

*1 主治医意見書にて上記内容の記載がない場合には、今年度有効の「おむつ使用証明書」が必要となりますのでご注意下さい。

確定申告の際に必要な書類

〇おむつ代の領収書

〇医師が作成する「おむつ使用証明書」または町が発行する証明書

 

介護保険に係る障害者控除

身体障害者手帳や精神保健福祉手帳等の交付を受けていない高齢者で、身体障害や認知症があり、要介護認定に係る主治医意見書により、「障害者に準ずる」として町から認定された場合に障害者控除の対象になります。

認定を受けるには、介護福祉課の窓口に申請書を提出して下さい。申請の際には印鑑が必要です。

申請し認定を受けられる方については「障害者控除対象者認定書」を発行します。

障害者控除対象者認定申請書PDF形式/6.12KB

障害者控除対象者認定申請書(記載例)PDF形式/10.16KB

確定申告の際に必要な書類

〇境町が発行する「障害者控除対象者認定書」

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは介護福祉課です。

役場1階 〒306-0495 茨城県猿島郡境町391番地1

電話番号:0280-81-1323

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

境町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2017年3月17日
  • 印刷する
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る