教育・文化・スポーツ

12.菅原道真の坐像

『菅原道真の画像』の画像

絵画
縦68×横38.5センチメートル
紙本着色(しほんちゃくしょく)

名称

 菅原道真の坐像(すがわらのみちざねのざぞう)

区分・指定年月日

 町指定 昭和61年5月1日

所在地・管理者

 境町大字伏木2153 大照院

制作時期

 室町又は江戸

概要

大字伏木の大照院蔵。作は室町時代とも江戸時代中期ともいわれる。縄座(つなざ)の上に束帯(そくたい)姿の坐像は、道真が学問の神に定着する以前の天神(雷火の神)の構図で天神像の一種であり、縄座天神又は縄敷天神という。
この坐像に酒を供えると顔が紅潮するという伝説があり、御神酒天神ともよばれている。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは歴史民俗資料館です。

歴史民俗資料館 〒306-0431 茨城県猿島郡境町大字西泉田1326-1

電話番号:0280-81-3353 ファックス番号:0280-81-3354

アンケート

境町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2016年3月8日
  • 印刷する
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る